神内記事☆@試合後速報2



2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



1kami34.jpg王監督がWBCの時以来にマウンドへ・・・
それくらい気持ちが込められた①試合だったようです。見てるうちは結構気楽だったりするんですけどねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャまぁ3タテは嫌だなぁとか、最終日勝って終われば気分的にイイかな、やっぱ終わりよければ全て良し!やしとか思った人間( ´,_ゝ`)プッ
でも監督が行った時は昨日の落合さんのマネやん(笑)って思ったと同時に、朝倉みたいに四球とか出したりして(((( ;゚Д゚)))ガクブルとか思ったのは秘密にしておこうかしら?
とはいえ、王語録(下記参照)にも神内くんの先発のメドが立ったようです。58年組(,,゚Д゚) ガンガレ西スポ速報かなり抜粋↓↓
<タカ投 竜ほんろう 継ぎ継ぎ三振19個 6人でプロ野球タイ>
神内は5回1/3を11奪三振1失点で1カ月ぶりの2勝目。中日は打線が19三振を喫し、連勝は4でストップ。
「きょうは必死だったよ」交流戦のラストゲームを6人継投で飾り、王監督もホッとひと息ついた。
6回途中まで好投した神内から、三瀬、吉武、篠原、藤岡、そして馬原へとつなぐ。「昨日の時点で投手にはスクランブルでいくと伝えていた」と、杉本投手コーチは説明。前日は勝ちパターンの中継ぎ投手をあえて温存し、この日の起用に備えたのも功を奏した。
負ければ今季初の同一カード3連敗。必勝を期した一丸ムードが、大きな記録をもたらした。日本プロ野球タイの1試合19奪三振。2人のワンポイントも含め、6人全員が三振を奪う快挙だ。「こっちはそんなこと考える余裕なんてないよ」。試合後に知った王監督は目を丸くして驚いた。
とはいえ、チームを1つに束ねたのも王監督だ。5回二死一塁。打者・福留の場面では自らマウンドに歩み寄り、神内に「もう1人、しっかり抑えろ」と励ました。WBCの決勝以来、シーズンでは今年初めての直接ゲキ。奮い立った神内が福留を見逃し三振に仕留め、熱い行動に応えた。
投手では神内、野手でも田上など新戦力の台頭も確認できた。「今年の戦い方がようやく見えてきた。使えるメドが立った選手もいるし、これからは総力戦だ」。頻繁に入れ替えた戦力の中から06年度型の戦いを見いだした王監督。いよいよムチを入れる勝負の夏場をにらんだ』


王語録抜粋↓↓
◆試合後
王監督 今日は必死だったよ。最後だからね。今日負けると4日間、気分が悪くなるから勝って良かったよ。


---交流戦での収穫は
王監督 神内が使えるメドが立ったし、田上は戦力的に使える。あとはレフトの松中。指名打者になってもレフトで使える。これからは総力戦になるからね。4、5月で戦力を整えようと思っていたが、2、3週間は遅いけど、これで今年の戦い方はある程度、できた。あとは新垣が戻ってきて、杉内が立て直してくれればね。


---試合では5回にマウンドへ
王監督 あの回を抜ければね。力そのものは彼が思っている以上のいい力を持っている。過大評価すればいいのに過小評価している。過大評価する人が多い中でね。
スポンサーサイト

 



<<神内記事☆by西スポ | Top | 神内記事☆@試合後速報>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://planet7531.blog21.fc2.com/tb.php/381-68c7ae6f
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。